防犯・セキュリティ

防犯・セキュリティ コムトップへ >> 防犯設備士
公的資格
防犯設備士         の知識を知ろう 資格概要へ 所得費用
主な知識(基礎知識・応用知識)
・防犯の基礎知識
・防犯建物部品の基礎知識
・防犯設備の構造及び機能の知識
・電気の基礎知識
(基礎技能・応用技能)
・防犯設備設計の技能
・防犯設備の名称及び用途等の識別
・防犯設備の施工
・防犯設備の保守方法
・関係法令
資格概要
 国家公安委員会に認定事業としてはじまり、現在は社団法人日本防犯設備協会が実施する公的資格である。警備会社や防犯コンサルタント等、かなりメジャーな資格。しかし、法令等に基づいているものではなく、防犯知識の証明という位置づけ。

職務(資格目的)
 防犯設備機器の普及と正しい知識と運用に関する専門的知識と技能を有する専門家として、侵入盗、強盗の手口を研究し、何処に何を設置すればよいかということを、理論的な裏付けに基づき設計施工を行う。また、適切な運用管理を行う為の知識をもつ。

注目度
 防犯意識の高まりから防犯設備士が指名がある他、積極的に資格者を表記する動きも見られ、注目の資格。
 家庭の防犯の一番参考になるかもしれない。

難易度・試験内容
 易しい。防犯設備士資格認定養成講座と試験の2日間日程。講習内容を真面目に聞けばほぼ受かる。

受験資格
以下の4項目の不適格条項に該当すると受講できない。
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を受けることがなくなってから、3年を経過しない人
・成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない人
・指定暴力団に指定された暴力団の構成員
・精神病者又はアルコール、麻薬、大麻、あへん若しくは覚せい剤等の中毒者・直   検
 
取得費用
受講費用
・非会員一般 受講料31,500円+受験料10,500円=計42,000円
・会員      受講料26,250円+受験料10,500円=計36,750円

教材代
 ・教  本  受講料に含まれています。

交付申請費用
資格者証 (携帯用)5,250円(必須)
資格者証書(掲示用)3,150円(希望者)

問い合わせ
社団法人 日本防犯設備士協会 http://www.ssaj.or.jp/

その他
上位資格に 総合防犯設備士 があります。
ページの先頭へ